注文住宅で家を建てる時は動線を意識する

15 7月 by mzDS8nh8

注文住宅で家を建てる時は動線を意識する

設計者と話をしながら、自分の理想とする家を一から作り上げることができるのが、注文住宅の利点です。その利点を生かして、素晴らしい自分だけの城を築いてほしいと思います。間取りを自由に決めることができるため、生活しやすい間取りを決めて、家を建てましょう。そのために重要なのが、「動線を意識すること」です。人は家の中で暮らすときに、ある場所からある場所に移動します。例えば玄関から、ダイニングのテーブル、さらにリビングのソファー、個人の部屋などを、行ったり来たりするでしょう。この動きを線であらわしたものが動線です。動線を意識して間取りを決めると、合理的な間取りにすることができます。玄関からすぐにリビングに行くことができて、遠回りせずに自分の部屋に行けるような、無駄のない動線を描くようにすると、住み心地のいい家になりやすいです。キッチンの台所から、ダイニングテーブルまで、他の部屋を経由しなければいけないような家は建てないように気をつけましょう。