自分のイメージを設計者に伝える方法

6 7月 by mzDS8nh8

自分のイメージを設計者に伝える方法

注文住宅で家を建てるときは、自分の理想の家のイメージを設計者にきちんと伝えるようにしましょう。設計者と打ち合わせをする前に、自分のマイホームに対するイメージをしっかり固めておくといいでしょう。そのうえで、どのような家を建てたいか設計者に話すようにします。例えば「広いリビングがほしい」という要望を出すとします。この時に、ただ要望を出すだけでなく、「家族が集まれるリビングにしたい」という目的も添えるようにしましょう。広いリビングと言っても、独身の男性がスタイリッシュに暮らすための広いリビングと、家族が集まって過ごす広いリビングでは仕上がりがかなり違ってくるためです。このように家の間取りや、素材、テーストなどを伝えるときは、なぜそのような間取りや素材、テーストを希望するのか、目的も伝えるようにしましょう。要望と目的をセットで話すと、設計者のイメージがわきやすくなります。出来上がった家は、自分が思っていた通りの素敵なマイホームになるはずです。